包茎手術と包茎の種類

包茎手術と包茎の種類

包茎手術は包茎の種類を専門の医師がしっかりと見極めて、予算や状態に応じて行いますが、もっとも多いタイプは仮性包茎で平常時は皮が亀頭を覆ってしまっていますが、セックスの時には手でむいたり勃起すると露出するので性行為には支障はありませんが、重度の仮性包茎もあるので、この場合には包茎手術をしないと亀頭が露出しません。

カントン包茎は平常時には亀頭の先の部分がかろうじて露出していますが、出口が狭いために先の部分しか出ずに無理やり皮をむいたりすると皮の入り口が亀頭を締め付けてしまうので血が止まってしまい腫れてしまいます。
この場合には包茎手術が絶対に必要で、女性との交際が始まったら専門のクリニックを受診することを考慮する必要があります。

真性包茎は包皮の入り口が狭いので亀頭が全く露出しないで、さらに包皮と亀頭が癒着を起こしている可能性もあるので、ペニスの成長を阻害してしまったり、衛生上の問題も引き起こします。

この場合には正常なセックスをすることが不可能なので、早期に手術をして正常なペニスに戻ることが重要ですが、この場合には健康保険の適用範囲内である可能性が高いので、一般の泌尿器科などを受診して相談を受けるなどして適切な治療法を見つけることが大切です。

包茎手術・包茎治療を岐阜でするならココ!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ